シドニー ルメット。 十二人の怒れる男 : 作品情報

質屋 (映画)

ルメット シドニー

- (英語). 第3位. しかも、セットとして再現されたオリエント急行の客車は、撮影のために空間を広く取ったりなどはしておらず、基本的に実寸大。 テレビ局を辞めたあと、に初の劇���映画『』の監督を務める。 騒々しく煙たがられるハバード夫人役のバコールは、彼女自身のキャラクターを思わせる妙味がある。

シドニー・ルメット監督おすすめの映画ランキングTOP5

ルメット シドニー

。 1972年 『怒りの刑事』 - The Offence• テレビ演出家から転じた映画監督としては草分け的存在であり、同時に非ハリウッド系の映画勢力であるニューヨーク派の旗手としての活躍が始まる。

5

シドニー・ルメット(巨匠の歴史)

ルメット シドニー

この頃のルメットは5年間に約500本の作品を演出したという。 しかしにはその生涯における業績を評価され、アカデミー名誉賞を贈られた。

5

第28回:『オリエント急行殺人事件』(1974年) 監督:シドニー・ルメット 出演:アルバート・フィニー:名画プレイバック|シネマトゥデイ

ルメット シドニー

特に『』()は主演女優のがにノミネートされるなど駄作の烙印を押され、ルメット自身も終わった監督だと見なされる。

16

シドニー・ルメット監督おすすめの映画ランキングTOP5

ルメット シドニー

。 『』 - Serpico• 1974年 『』 -• 『Lovin' Molly』(邦題不明)• で黎明期のの制作に手腕を発揮し、売れっ子演出家となった。

12

グループ|MOVIE WALKER PRESS

ルメット シドニー

ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、ロバート・デュバルなど70年代を代表する「演技派」が顔を揃え、決して派手なアクションがあるわけではないのですが、視聴率争いに躍起になるTV界の闇の部分を抉り出す展開は現代にも通じるものがあるのではないでしょうか。 『』 - Running on Empty• しかし会話だけでサスペンスを醸し出していた。

2

シドニー・ルメット

ルメット シドニー

。 特に『』()は主演女優のがにノミネートされるなど駄作の烙印を押され、ルメット自身も終わった監督だと見なされる。

7

シドニー・ルメット監督おすすめの映画ランキングTOP5

ルメット シドニー

1964年 『』 - Fail-Safe• 校門を出た日から7年の歳月が流れていた。

19

【シドニー・ルメット】プロフィール(年齢・映画・ドラマ)

ルメット シドニー

ハロルドの成功を祝うパーティの夜ヘレナはハロルドが彼女たちの同級生リンと一緒のところを見てしまった。