特許 行政 年 次 報告 書。 特許行政年次報告書2017年版~知をつなぎ時代を創る知的財産制度~

2)特許行政年次報告書から

年 書 次 報告 行政 特許

中国においても、いずれかつての日本のように特許が実用新案を上回るペースで出願数を伸ばすようになるのか、それとも今後も日本とは異なる推移をたどるのか(このまま実用新案の出願がハイペースで増え続けますます実用新案大国になっていく等)、興味深いところです。

特許行政年次報告書2018年版 知財が紡ぐ先人の想い~明治150年を迎えて~

年 書 次 報告 行政 特許

9%の半分以下でした。 国際調査報告及び国際予備審査報告作成件数表・• (1)特許(出願)・• DO出願分類別・国内書面受付年別審査請求件数表(特許)・• 出願人のニーズを踏まえた早期審査の運用• 地域団体商標に関する取組• インドにおける動向• DO出願分類別・国内書面受付年別審査請求件数表(特許)・• 中南米における動向• 都道府県別出願件数表(日本人によるもの)• 各国特許庁との連携・協力• 特許庁の提供する主なデータ一覧表• 国際研修指導教官について• (5)意匠(出願)・• 使いやすい意匠制度の実現に向けた取組• 台湾における動向• 代理人有無別出願件数表・• 独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)一覧表• 類別国際商標登録出願区分件数表(指定国官庁)・• 知的財産制度を取り巻く現状と方向性、国内外の動向と分析について、知財戦略の参考にしていただくため、直近の統計情報、特許庁の取組等をもとに取りまとめました。

14

「特許行政年次報告書2019年版」を取りまとめました

年 書 次 報告 行政 特許

(7)意匠(登録)・• (冊子版) 閲覧場所 本報告書の冊子は、7月下旬より次の施設・場所において順次閲覧可能となります。 国際出願(PCT出願)及び国際予備審査請求件数表(受理官庁)・• 中南米における動向• 台湾における動向• 審判及び異議申立て• (1)特許権の変動に関する統計表・• (4)新実用新案(登録)・• (5)商標・• 商標における取組• <本編> 総務部企画調査課企画班 電話:03-3581-1101 内線2154 FAX:03-3580-5741 <統計・資料編> 総務部企画調査課知財動向班 電話:03-3581-1101 内線2155 FAX:03-3580-5741. 大学への支援• 日本を指定国とする本国官庁別国際商標登録出願件数表(指定国官庁:指定通報件数)・• しかし、無効審判の請求成立率は、かなり下がってきています。

9

「特許行政年次報告書2019年版」を取りまとめました (METI/経済産業省)

年 書 次 報告 行政 特許

地域団体商標に関する取組• (3)弁理士試験実施概況・• 中小企業による特許・意匠・商標の出願件数、など 関連リンク• その他の多様な支援• 本年(2019年)は、平成時代が終わる節目の年です。 (2)実用新案・• 意匠登録件数上位20社(2017年)の登録件数推移・• 審判に関する情報発信• 登録した権利の変動に関する統計表• 担当 特許庁 総務部 企画調査課長 小松 担当者:菊地、飯濱 電話:03-3581-1101(内線 2154) 03-3592-2910(直通) 03-3580-5741(FAX). (2)主要国・地域・機関における2017年の居住国・地域別出願件数表(特許)・• (1)特許出願に関する事務系統• 知的財産権の利活用の状況• 各年末における登録の最終番号表・• スタートアップへの支援• 新実用新案(出願、登録及び技術評価書請求の件数)・• 国際登録出願(商標)件数表(本国官庁)・• 特許出願状況• 都道府県別・国籍別国際出願(PCT出願)件数表(受理官庁)・• (2)一次審査着手前の出願の取下げ・放棄の推移・• (1)特許出願に関する事務系統• スーパー早期審査制度を利用した特許出願の、2017年の一次審査通知までの期間は、スーパー早期審査の申請から平均0. (3)2018年度特許法等改正説明会開催実績・• 本誌 第1部 知的財産をめぐる動向• 実用新案• (1)出願・• (8)商標(出願)・• 企業と特許庁の意見交換を通じた取組• 中国専利(特・実・意)出願の増加トレンド よく知られているように中国の知財制度では特許・実用新案・意匠をひとまとめにして「専利」といいます。

「特許行政年次報告書2020年版」を取りまとめました

年 書 次 報告 行政 特許

(1)特許(出願)・• (2)出願人国籍別・地域別・分野別登録数(特許)(2018年)・• (1)特許・• つまり、他社への実施許諾をしているか、具体的に他社の事業参入の障害となっている特許は、 自社が利用しているか否かを問わず、「活用できている特許」である。 承認TLO、認定TLO一覧表• 日本を指定国とする本国官庁別国際商標登録出願件数表(指定国官庁:指定通報件数)・• この背景には、我が国企業等の活動が一層グローバル化したこと、PCT国際出願のメリットについて認識が高まってきたことなどがあると考えられます。 出願動向の変化とグローバル• 登録した権利の変動に関する統計表• そこで、本年の報告書では、平成時代のヒット商品に焦点をあてた冒頭特集を掲載しています。

18

2)特許行政年次報告書から

年 書 次 報告 行政 特許

国際調査報告及び国際予備審査報告作成件数表・• 商標(出願、ファーストアクション、登録査定及び登録の件数)・• 多国間、二国間会合における取組• (7)意匠(登録)・• 審査・審判の審査・審理期間• 新たな産業財産権制度の見直し• 類別国際登録出願区分(商標)件数表(本国官庁)・• 2%)でした。 1964年の東京五輪は世界で初めて生中継され「テレビオリンピック」といわれたとおり、カラーテレビ放送、VTR 収録、スローモーション再生、中継用の接話マイクなど、離れた場所にいる人にもスポーツの映像を届ける新技術が世界中を驚かせました。 中小企業への支援• (7)異議申立て・• 0%となりました。

15

特許行政年次報告書2010年版|最新情報|京都 特許取得 商標登録 京都国際特許事務所®

年 書 次 報告 行政 特許

2017年における特許・実用新案の無効審判の平均審理期間は、10. 統計データの活用• 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)における提供サービス• (1)拒絶査定不服審判・• 共同研究・受託研究• (3)旧実用新案・• 紛争の早期解決・権利の早期取得に向けた取組• 2か月でした。 (2)登録・• 各国特許庁との連携・協力• 国際的な連携強化に向けた取組• 1 特許出願の件数 ・件数は前年比10. (1)日本における2016年の国籍別出願件数表・• 主要国・地域・機関における特許出願政府費用等一覧表• 地域における支援体制• 審判における取組• (4)出願年別登録件数の推移・• 意匠関連情報の整備・提供• 出願人のニーズを踏まえた早期審査の運用• 都道府県別登録件数表(日本人によるもの)• 特許庁関係団体一覧表・• 知的財産人材の育成• 出願人居住国別の国際出願(PCT出願)件数表・• 担当 特許庁 総務部 企画調査課長 今村 担当者:松本、原 電話:03-3581-1101(内線2154) 03-3592-2910(直通) 03-3580-5741(FAX). 早期審査・早期審理• 弁理士登録状況• 分類別統計表• 指定国別国際登録出願(商標)件数表(本国官庁)・• (冊子版) 閲覧場所 本報告書の冊子は、7月下旬より次の施設・場所において順次閲覧可能となります。

18